スポンサーリンク           

2014年07月24日

槍ヶ岳登山レポートA登頂編

【※2017 1/23 更新しました】

レポート@より続き


今日はいよいよ 憧れの・・・ 

槍ヶ岳本番アタック!

ワクワクで〜す♫

5時過ぎに起床! テント場結構 人が多く

槍のテント場50張りも混むんじゃないかと予想。

速やかにテント撤収し6:30スタート!

image-ec21e.jpg

槍ヶ岳山荘まで 地図タイム8:20分

ヤリ先輩は5時間で行ってしまうそうですが

自分は13キロのザック担いで登るのは初めて・・・

恐らくたっぷり8時間はかかるでしょう!(15KM)

15時前には着きたいな。ガンバって頂上目指しましょう!!!

横尾看板.JPG

水色の梓川を眺めながら横尾到着 休憩します。

ここから穂高方面へもアプローチ出来ます。

image-1c146.jpg

image-01bad.jpg

森の中ずんずん歩き槍沢ロッジに到着 

程よく休憩入れて体力温存。

時折雲間から差し込む 直射日光が肌を焦がします

image-ac54c.jpg

ババ平 槍沢キャンプ場を過ぎ 河原が広くなってきました。

左には雪渓が・・・氷河公園らしいです。

まだ槍の姿お目見え出来ません。思ったよりも速く大曲を通過..

ここら辺りまで ずっと歩き続けるアプローチトレイルで

3時間位経過 やや疲労感じました。



開けた谷間歩き 目前に槍手前の山々見ながら

じんわり高度を上げて行きます。

岩がごつごつ大きくなってきました。

天狗原分岐ハイマツ帯を抜け 2000Mオーバー

高山の景色らしくなってきましたよ〜 少し頭痛い時も(軽高山病)



次は恐怖の雪渓横切りだ〜! 急斜面が怖い かなり長く続いてます。

チェーンスパイクを装着し、慎重に乗り切ります。


滑ったらどこまで行ってしまうのか 止まるのか不明なんで

恐怖でちびりそうに通過 滑ったら岩にぶつかり止まるのか?

頭打ったらヤバイですね!ヘルメットの必要性を感じました。

image-bc1b6.jpg

おっと〜やっと雲の合間から 槍穂先が見えた〜カッコイイ!

雲間に隠れては消え また現われ 自然のショーです☆彡

テンション上がりまくり しか〜し足は上がりませ〜ん のろのろだよ

苦しみながらガラガラ岩を ひ〜こらこなします。(ーー;)


頂上までの道のり途中に岩屋 播隆窟があります。 江戸後期浄土宗 山岳修行僧 播隆上人(ばんりゅうしょうにん)

槍ヶ岳に初登頂し登拝・・開山しました。

文政11年 1828年。。。今から186年も前っ!の7/20 なんと当日じゃないですか!

偶然にもかなり嬉しいです。


image-a85d2.jpg

修行に使用した岩窟(播隆窟)に参籠し 晴れた日には山頂に登り拝み

一心不乱に念仏を唱えられ 4回目には53日籠り修行されたそうです。

槍ヶ岳頂上に鉄鎖を設置(1840)する働きかけをされたのもこの方だそうです。


私たちが感じるように この山はとても孤高で 自然の偉大さを伝える霊峰であり

ひときわ霊感な存在に 魅せられたのではと・・・思いを馳せてしまいます。


image-19ae5.jpg


            槍の穂先急接近!

登り道急斜面なので 岩稜が斜めに覆いかぶさるように迫力満点。

平衡感覚おかしくなり、谷を見たらおっとと めまいみたいな頭痛みたいな

くらくらっと来ましたよ・・・・ 

高度3000Mあり ちょっと人間離れしてて 感覚もおかしくなりますよね。

槍ケ岳山荘.JPG

いよいよ槍ヶ岳山荘の姿が見えてきました・・・・・・・・が.


つずら折れの岩場になかなか苦戦。 富士山9合目付近のきっつい感じ。


頂上まであと500!〜400! 100メートル毎 岩ペイント刻んである! 


その度に, 休憩取ると楽になり, また進み. 苦しくてまた休み・・・いつになるやら(笑)


image-084de.jpg

残り200でラスト休憩・・・その後ガンバって ふんばって

無事 槍ヶ岳山頂直下の肩 3080M 山荘到着〜!!! 

所要時間約8時間 15キロ 最後の3〜4キロきつかった!  

14:30到着。テントスペースは残り1人分 3人だったのでギリギリアウトでした。



下の殺生ヒュッテ テン場空いてたみたいですが 往復1時間上り下りきついので

素泊まり6000円で決まり!テントも張らず楽しちゃおう! 

悪天候予報もあったので 室内なら安心ですね。


image-a60bf.jpg


山荘にザック荷物を置いて 軽装備で頂上アタック出来るんです! 往復1時間♫

     今の槍ヶ岳穂先です。ライブカメラ     

image-893d0.jpg

       まだ明るい内に 晩飯と炊事室で槍見酒 サイコーでした♫

           下界を見下ろすのは 格別 気持ちいいですね

        槍の頂上は 明朝晴れてからアタック! 絶景のお楽しみで〜す!
     

          レポートBへ続く・・・・

応援ありがとうございます!

にほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ



           
                 
        
                  

























 









                                









                  




              

                      










                  






                  


| Comment(0) | 登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。